読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あひるひ

Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)をメインに、その時々でハマったゲームについて、いろいろな事を適当に綴っていくブログです。

幕張なう。

f:id:ahiruhi:20170422154438j:image

 

あと数時間で始まるナナシスの3rdライブ見てきます、アヒル号です!!

ひとまず今回は幕張にいるよーというご報告だけ。

記憶力に乏しいので詳細に書けるかは分かりませんが、後日感想もアップ出来たらと思います。

 

ではでは、本日参加する皆さまは一緒に楽しみましょう〜ヽ(´▽`)/

【FF14】アヒル日誌・5

f:id:ahiruhi:20170404094057p:plain

体調不良を起こしていたアヒル号です、こんにちは。

入院してたのとは違う病気だったのですが、体力やら免疫力やらが落ちてるのをひしひしと感じますね。健康体が欲しい今日この頃。

なお、ここ1週間はログインすら出来てなかったので、今回のは若干古い内容も含まれています。

 

■蒼天のメインクエスト完遂

 

f:id:ahiruhi:20170404095449p:plain

およそ3カ月半かけて、3.xのメインクエストすべてクリアしました! いや~、長かった。

思い返せば、12月末に復帰した時はまだ黙約の塔すらクリアしてなかったんですよね。

その時は、最新のメインクエにいつになったらたどり着けるだろうと思っていましたが、何とか紅蓮発売前に到達出来てホッとしております。

 

とはいえ、まだクリアしてないIDやらサブクエも多いですし、現在のテキトー装備からキチンとしたものに着替えたいし、機工士のレベルを60まで持っていきたいし、それ以前に未だにレベル50ルレが未開放という現状を何とかしたい。

 

……頑張ります(´・ω・`)

 

■ノーマルアレキも完遂

 

f:id:ahiruhi:20170416093747p:plain

大迷宮バハムートは邂逅編クリアでストップしてた私なので、機工城アレキサンダーもそこまで興味は無く、まあボチボチやっていけばいいかなーとノーマルの起動編2層で止まっていたのです、が。

先日M・KさんとR・Aさんのサブキャラに連れられて、昨日までの3日間で一気に天動編4層までクリアする事が出来ました。2週間につき1層ペースでやっていたのがウソのようです(;・∀・)

 

上でまだ未クリアのIDがあると明言しているように、私は基本的に開放してもすぐにクリアしてやるぜ!とは微塵も思わないので、受注したクエストが結構たまりやすいんですよね。

なので今回のように誰かに連れて行ってもらったりするのは凄くありがたいです。

いや、それよりなにより自分で重い腰をあげられるようにしないとですね……。

 

f:id:ahiruhi:20170416095647p:plain

ちなみに最初にゲットしたアレキサンダーの歯車で、「メビウス」の譜面をゲットしました。

本来なら武器交換用に集めるべきなのでしょうが、そんな事よりこの曲をリピートしたいという欲には勝てませんでした。

メビウス」→「ライズ」の流れは最高なり。

 

■模様替え

 

f:id:ahiruhi:20170404095517p:plain

アパルトメントの自室が、リテイナーが拾ってきた家具やらでごちゃごちゃになっていたので模様替えを決意しました。

一応どんな部屋にするのかというテーマは決めているのですが、いかんせんどういう家具が存在するのか、やりたい事が出来るのかどうかは実際に配置してみないと分からないので四苦八苦ですね。

何よりギルがかかるのが痛い……。

 

f:id:ahiruhi:20170404095540p:plain

とりあえず大まかな間取りだけを決めて、今は放置してます。

リアルほどではないにしろ、エオルゼアの模様替えも結構疲れますです。

 

■蒼天のウルダハ

 

f:id:ahiruhi:20170404095610p:plain

ゲーム中は常に自キャラを見下ろしていますが、たまにふと目線を上げると違った風景が見られるのでオススメです。

霞がかってる円形の建物はウルダハ王庁かな? 地上からだとあんなに高い位置にあるんですね~。

 

 

f:id:ahiruhi:20170404095632p:plain

それでは、また次回('ω')ノ

【FF14】アヒル日誌・4

f:id:ahiruhi:20170327090354p:plain

エオルゼアでは高いところから下を眺めるのが好きなアヒル号です、こんにちは。

リアルではこんなところ1秒でも居たくないですけどねっ。

 

あ、ところで今回から、他の方の名前表記を「ファーストネーム・ファミリーネーム」のイニシャル表記に変更する事にしました。

というのも、知り合いのイニシャルSさん、Cさん、Rさんが2人ずつくらいいるのでややこしくって……。一応過去の記事のぶんも変更していく予定です。

 

■3.3メインクエストクリア

f:id:ahiruhi:20170327090903p:plain

ニーズヘッグとの最終決戦!

気分は最高潮! いざ、コンテンツファインド!!!!

 

f:id:ahiruhi:20170327091134p:plain

……で、20分経過。全然マッチングしないでやんの(´・ω・`)

結局パーティ募集かけて何とかクリア出来ました。1回床ペロったけど……。

 

f:id:ahiruhi:20170327091559p:plain

そしてサブクエスト「追憶行」もクリアしてきました。

あっちこっち行かされるせいでテレポ代がかなりかさんだけど、それに見合うだけの内容だったので全然苦ではなかったですね。

 

正直今になって思えば、3.0からのシナリオはもっとじっくりプレイすべきだったと後悔しました。少なくともあの4人旅の部分は特に。

基本的にFF14のプレイヤーキャラって、シナリオにおいては仲間とともに行動することってあまりないんですよね。暁のメンバーは仲間かもしれないけど、みんな個々人で動いてるから彼らとはイマイチ一体感を感じる事が出来ない。

けれどあの4人旅は、それぞれ思惑は異なれど、ひとつの目標に向かって共に歩んでいた。たった一時とはいえ、初めて「みんなと旅をしてるんだ」という気持ちにさせてくれました。

とはいえ最初からそういうスタンスだったら、ここまで感動出来てたかは疑問ですけどね。2.xの苦行(笑)があったからこそだと思うのでw

 

まあそんなこんなで私の中の3.3のメインクエストが終了いたしましたよ、ってお話でした。

 

■一足早い四月馬鹿

f:id:ahiruhi:20170327101318p:plain

ある日、FCメンバーのM・Kさんから「サブキャラのレベル上げしたいので一緒にID行きませんか?」とPTへのお誘いが。

私も機工士のレベル上げ中だったのでその申し出を受けると、PTにはM・Kさんの他に、見知らぬ名前の人が一人いました。

「ではサブキャラに交代してきますね」とM・Kさんはログアウト。見知らぬ人(aさんとしておきます)と二人っきりでいると、その方は更に別の知らない人(こちらはbさん)をPTに招待してきました。

人見知りの私はこういう状況が凄い苦手なんですよね……。PTに招待出来るという事はすなわちaさんとbさんは既に周知の仲であるわけですし、そのどちらとも知り合いではない私は完全に部外者なわけじゃないですか。肩身も狭くなるってもんです。

早くM・Kさん帰ってこないかなとそわそわしながら待っていたのですが、そんな時に限ってなかなかログインされず。M・Kさんのサブキャラは同じFCに所属してるから、ログインすればすぐに分かるのですが、インしてる形跡は無し。

しかもaさんが、「時間もったいないしID行っちゃおう」とか言ってしまう始末。

私「M・Kさん待たなくていいんですか?」

bさん「誰ですかそれ?」

なかなかつっけんどんなbさんに、小心者でもある私は内心早く帰りたいという気持ちでいっぱいに……。

結局何だかんだで2つほどID行ってもM・Kさんは現れませんでした。

 

一通りのIDを終えると、突然bさんがR・Aさんの話をし始めました。

R・Aさんとは、以前書いた記事に出てくるララフェルさんですね。

ahiruhi.hateblo.jp

随分唐突だなーっと思ってたらbさんがaさんに向かって、

「ね、そうですよね?R・Aさん?」と一言。

aさん「ん?誰それ?」

bさん「あなたの事ですよ」

はい、ここでようやく気づきました。一杯食わされてたという事に……。

 

とどのつまり、aさんはR・Aさんのサブキャラ、bさんはM・Kさんのサブキャラだったというわけです。なんじゃそりゃー!!

まあ、気づかなかった私も私ですけどね……。先入観で、M・Kさんのサブキャラは同じFCに所属してる方のキャラしかいないと思い込んでましたから。

 

というわけで、一足早いエイプリルフールを食らったアヒル号でしたとさ。

 

■10分限りの

f:id:ahiruhi:20170330233435p:plain

FCメンバーのC・Sさんに「チェリーブロッサムオーナメント」という髪飾りを頂きました。

が、普段のアヒル号は女性らしさ皆無の為、いまいちこの髪飾りが似合わない。

そこで、モグステで姫君水干・下駄セットを購入し、ついでに髪型も変えてイメージチェンジをはかったのが上のSSです。ちょっとは女性らしくなってるかな?

 

ちなみに長い髪が普段の衣裳に合わなかったので、SS撮影が終わったらさっさと元の髪型に戻しました。わずか10分限りのイメチェン。

 

■機工士レベル50

f:id:ahiruhi:20170330234328p:plain

毎日のレベルレと、わずかばかりのリーヴとF.A.T.Eで、ひとまず機工士レベル50に達しました。結局DDには1回行っただけですぐ飽きました。

レベル50まではミラプリもせずにダサい格好で我慢したので、これからは上の保安官っぽいミラプリで60まで頑張りたいと思います。

 

因みに持ってる武器は極シヴァで手に入るものですね。なんか撃ったら衝撃で壊れそう……。

 

 

f:id:ahiruhi:20170330235018p:plain

それではまた次回('ω')ノ

【FF14】アヒル日誌・3

f:id:ahiruhi:20170321140930p:plain

入院中、ヒマでヒマで特に用もないのにスマホいじるしかやる事がなかったアヒル号です、こんにちは。

せめてWi-FiがあればYouTube見れたんですけどね…。

 

■IL200越え

f:id:ahiruhi:20170321141948p:plain

なんとFCメンバーのMさんに、現バージョンで作成可能な最高ILのアクセと頭防具を作ってもらったおかげで、一気にILが200まで上がりました。しかもHQですよ!!

マーケットで買ったら破産確実な代物なので、有難すぎてどうお返ししていけばいいやら……。恵まれてるなぁ、私( ;∀;)

 

■お墓参り

f:id:ahiruhi:20170321143111p:plain

2.0のメインクエストで、オルシュファンに友人がいると知ってどんな変人なのかと勘ぐってみたら、意外に普通の男の子だったので逆にびっくりした覚えがあります。(とはいえ、シャリベルみたいなのが出てきても、それはそれで反応に困るけどw)

ランセルはこの先もずっとお花を添えにやって来るのかな。

 

■初見極リヴァイアサン

f:id:ahiruhi:20170321145713p:plain

PT募集にて制限解除で募って行ってきました、初見の極リヴァ。

が、なかなか2回目のタイダルウェイブを越えられず、3回くらい全滅を繰り返してました。

制限解除だとリヴァイアサンの体力をさっさと削ってしまい、そのせいでバリア装置のエネルギー?が溜まらなくてウェイブの威力に押し負けるみたいですね。

なので「タンク以外は何もしない作戦」で何とかクリアすることが出来ました。

因みに私は2回目のウェイブ前で海に落ちて、本当に何もしないまま終わってしまったんですけどね。あの時の皆さま申し訳ない……。

 

■初の4等賞

f:id:ahiruhi:20170322091108p:plain

ジャンボくじテンダーで初めて針1本ヒットしました。

しかし1等とか生きてる間に当てられるのだろうか……。

 

■嬉しい再会

f:id:ahiruhi:20170321150617p:plain

かつて同じFCにいたKさんという方が、Sさんという若葉マークの初心者さんをFCに勧誘して連れてきた。

初心者さんといっても私より少し後ぐらいに始めた程度で、むしろ気が付いたら私を追い抜いてドンドン色んなコンテンツに挑戦していって、たくさんの人と交流出来るオンラインゲーマーの鑑みたいな子でした。人見知りの激しい私にはSさんがちょっと羨ましく思ったりも……。

昨年末に私が復帰した時にはSさんも休止していたようなのですが、先日私がインしてる時にちょうど復帰されたみたいで、久しぶりの再会を果たしました。

およそ2年ぶりに接する中でSさんは、私に抱いていた想いというのを初めて打ち明けてくれました。といっても恋愛的なハナシではないですよ?w 詳細は省きますが、それがとても嬉しくてPCの前でうるっときちゃいましたね……。

 

f:id:ahiruhi:20170322093431p:plain

その後、プリンセスデーのイベントが終わってなかったSさんを誘い、イベント終了後はお互いドレスに着替えて歌姫ダンスを披露。

思いがけず至福のひと時を過ごさせてもらいました。

 

 

f:id:ahiruhi:20170322100316p:plain

それではまた次回('ω')ノ

近況報告

諸事情により入院していたアヒル号です、こんにちは。

 

おかげで先週はもちろん、今週のナナシスイベントにも出遅れるという始末なので、次の更新まではプレイしない事にしました。ログインボーナスももういいや。

そういえば次の更新って大型アップデートでしたか。ある意味タイミングいいのか悪いのか……。

 

まあ、そんな感じでした。

ではまた次回(・Д・)ノ