あひるひ

FF14プレイ記がメインのブログです。

【FF14】アヒル日誌・13

f:id:ahiruhi:20170723115819j:plain

Bモブのナマズオの瞳に景色らしきものが反射して映ってるのを発見して一人にやけるアヒル号です、こんにちは。

 

実際の景色を映してるわけではないでしょうが、こういう細かい部分にこだわってるのって素敵です。

しかしずっと見てるとなんか吸い込まれてしまいそうな・・・(;´・ω・)

 

■赤魔導士70!

 

f:id:ahiruhi:20170723120531j:plain

ようやく赤魔のレベルカンストしました! おめでとう自分!!w

レベル上げ自体はそこまで苦じゃなかったのですが、それよりメインクエスト止まってたのが気がかりで長かったように感じましたね。

 

70になってからのメインはあっという間で、気が付いたらもうエンディングでした。

次回予告的な最後であの2人が出てきたときは「うおおおおおマジですか??!!」ってリアルで叫んじゃいましたよ、小声でですがw あの2人の薄い本とか出ないかなー(∩´∀`)∩

 

赤魔自体は、Lv70で覚える”ヴァルホーリー”が”ヴァルフレア”と対の魔法なので、そこまで劇的に変わったなーって事はないですね。

AF装備もスクショ撮るのに着た程度で、後は70IDのドロップ装備や真理装備に取って代わられましたw

エキルレ開放したら万物も週制限MAXまで取れたので、来週には万物の胴装備と交換したいですね~。

 

■次の一歩が踏めない

 

f:id:ahiruhi:20170723122919j:plain

ちまちまとレベルレで頑張ってきた暗黒騎士も、ようやくLv50に到達しました。

 

しかしここからがある意味本番というか、こっから先のIDにおけるタンクって「まとめ狩り」がメインみたいになってるじゃないですか。

そのまとめ狩りをどうすればいいのか分からなくて何処にも行けない状態に陥ってます(´・ω・`) タンク始めたての頃の「ID行くの怖い病」がまさか再発する事になろうとは・・・。

 

まあ何事もやってみないと始まらないし、経験してみないとまとめ狩りの時のスキル回しも分からないままなので、取りあえず一歩踏み出してみるしかないんでしょうけど。

それでも怖いものは怖いんよ( ;∀;)

タンクメインでされてる方は新しいID行く時とかどんな気持ちなんだろうなぁ。

 

■初・玉藻

M・Kさんとチャット中に、ふとヤンサF.A.T.E.に出現する玉藻御前に会ったことがないと話すと、「じゃあ行ってみますか」ということで初めて玉藻関連のF.A.T.E.にチャレンジしてきました。

 

玉藻F.A.T.E.は1~4までの連続F.A.T.E.となっており、順にクリアしていくことで次に進めるようになっています。

ただ、1と2はそれぞれ約15分おき、3は約2時間おき、ラストの4に至っては約48時間おきにしか発生しないという制約があるそうです。

 

なので今回M・Kさんと2人で行った時は3が既に発生していたのでクリアしてきたのですが、その後ヤンサ中を飛び回っても4の発生は確認できなかったのでその時は不発に終わりました。

それから約2時間後に、一人で1からやってみたのですが、3までは発生しても4は出ませんでした。

 

結局そこからは諦めて他の事をしていたのですが、その日の夜、S・Aさんからの「玉藻沸いたみたい」というFCチャットを見て、ギャザラーのレベル上げ中だった高地ドラヴァニアからすぐさまヤンサへテレポ。

もう既に戦闘が始まっていたのですが、M・Kさん含む3人パーティーで挑み、幸いにも最高評価でF.A.T.E.を終える事が出来ました!

最高評価でクリアすると玉藻関連の装備やらと引き換え可能な「殺生石」というアイテムが15個も貰えるので、なるべくパーティー組んでから挑んだほうが高評価になりやすいのでオススメです。

ちなみに「殺生石」自体は3のF.A.T.E.をクリアする事でも1個もらえます。

 

 

f:id:ahiruhi:20170723124220j:plain

で、「タマモカチューシャ(頭装備)」「豆妖狐(ミニオン)」「キツネのぬいぐるみ(ハウジングアイテム)」全部をゲット出来たので記念のスクショをパシャリ。

なんかこうやって見ると、私のキャラクターがお狐さまのお世話係に見える・・・w

 

 豆妖狐「よきにはからえ」

 アヒル号「ははーっm(_ _)m」

 

f:id:ahiruhi:20170723131513j:plain

集合写真では後ろを向いていた豆妖狐のご尊顔はこんな感じ。

ふぁ~、愛くるしい(*´▽`*) みんながこぞってF.A.T.E.に挑む気持ちが分かりますね。

交換品も素敵ですが、最後に出てくる玉藻御前がかなり神々しくてカッコいいので、興味がないという方も機会があれば是非戦ってみてくださいな。

 

 

 

f:id:ahiruhi:20170723140103j:plain

それではまた次回('ω')ノ